スポンサーリンク どうして40代で転勤族を卒業しようと思ったのですか?

転勤妻→転職妻の知恵袋

いざ転勤!
あれはどうしよう?これはどうしよう?とバタバタになってしまう転勤族の妻。
15年で8回引っ越ししながら3人の子育てをしている経験から
転勤・転校・引っ越しに役立つ情報を紹介しています。
2016年3月。転勤族に終止符を打ち、転職します。


2016年07月01日

どうして40代で転勤族を卒業しようと思ったのですか?

スポンサーリンク


転勤族の未来は3つあると思います。

(1)今のまま、子どもが何歳になっても引っ越しし続ける

(2)夫のみが単身赴任をする

(3)転職をする



私なりの見解を書かせてさせていただくと
(1)引っ越しし続けるには限界があると思うのです。

転校が可哀想なことではない、とさんざん述べてきたけど
それはもし、転校せざるを得ない状況になった時
「デメリットばかりじゃないんだよ」
ってことで

何歳になっても、今までと同じように引っ越し→転校を続けてきたら、いつかは限界が来ます。


例えば、高校生になったらどうでしょう。

高校はそもそも欠員募集がないと入れないでしょう。
希望の高校に転入できる可能性は、ずっと低いでしょうね。
せっかく頑張って進学校に入学できたとしても、転校先は学力のずっと低い学校になってしまうかもしれません。



じゃあ、中学は?

義務教育だから転校することは、何年生でも可能です。
例え3年生の3学期からであっても、事務的にはね。


けど
中学=高校入試の準備といっても過言ではないので
場合によっては高校入試が不利になることもあるでしょう。
公立高校を目指している場合は、一度入試の仕組みについて調べてみるといいですよ。

県のホームページでもいいですし
本屋に「高校受験案内」などの分厚い本があるので、それの自分の県の部分を立ち読みするとか。

中学1年生からの成績すべてが調査書に書かれる場合もあるし
中学2年からとか、中学3年からだったり
学年によって教科が、5教科だったり9教科だったり・・・なんてこともあるでしょう。

もし、中学で転校せざるを得ない状況になったら、
真っ先に転校先の都道府県の公立高校の入試の仕組みを調べて下さいね。



そんなワケで、
個人的には中学での転校はなるべくさせたくないな、と思っていました。


じゃあ(2)単身赴任は?

会社の規定によると思います。
単身赴任でも、夫と妻子が、経済的にぜ〜んぜん困らずに暮らせる場合もあるみたいですけど
うちの場合は
「交通費を出す」
くらいしかなかったんです。

夫が本宅(妻子の暮らす家)に帰る交通費や、妻子がお父さんに会いに行く交通費。
ちょっと待って、じゃあダブルの生活費はどうするのよ!??

そんなワケで、私たちには単身赴任という選択肢はなくなりました。



じゃあ(3)転職は?

今まで書いたことを正当化するなら
本当は2015年3月の引っ越しを最後にしようと思っていたんです。

神奈川県から千葉県に行き
千葉県には以前4年半住んでいて、上の2人は幼稚園時代を過ごし、
環境もそこそこ良かったと思われる。

長く住めるように、実はわざわざUR賃貸に入居しました。



ところがところが!!

実際に住んでみて、こんなはずじゃなかった!!!!!の連発。

正直に申し上げて、学校がだいぶ変わっていまして
(注:千葉県の悪口が言いたいワケではありません)
それでも、他の皆さんは井の中の蛙なので、私たちが変人扱いされてしまうのです。

あのねぇ、一応全国あちこち行ってきた転勤族の私から言わせてもらうと
あなたたち相当変わってるよ!
子どもが中学までは井の中でしょうが、高校、あるいは大学で初めて外海に出て、
今までがいかにぬるま湯かどうか痛感して挫折しないといいね!!
公立小学校のはずなのにね・・・ここまで!?
って、もう別の意味でビックリしていた頃


旦那が会社から1枚の書類を持ち帰ってきたのです。旦那はちょうど40歳。
去年の7月ことでした。3月に引っ越して、わずか4ヶ月ほどのこと。


それがあの「希望退職者募集」の案内。



会社の業績が悪く、今後も明るい見通しが立てられないということで
辞めたいヤツはいないか?
そいつには職能給10ヶ月分を退職金としてあげるよ、有休の残りも買い取るよ、失業保険は会社都合退職で出すよ



こんなに美味しい条件が会社を辞められるとは、絶好のチャンスだと思いました。

私ってB型なんですけどね

決断するときは、ほとんど一瞬にして決めちゃいます。


もちろん、会社を辞めるのも、転職するのも、旦那本人なので
本人の意思を尊重・・・しましたけど
当の本人が「なんでもいい」的な感じだったから(オイ)
それなら子どもの事情、子どもにとって都合の良いタイミングを優先するのが母親の役割でしょう!
ってことになりました。



今となって思うのは、
もし子育てする場所を選べるのなら?って聞かれたら
それは自分の出身と同じ県、って答えますね。

自分と子ども、同じことを習ったり、
自分の時代とどう変わったのかがわかったりするのです。


何を隠そう、旦那も私も神奈川県出身。
ちょっと・・・千葉県で子育てできそうにないでしょうね・・・。特に小学生以上は。
(千葉県の方、ごめんなさい)

神奈川県だったら
吉田新田のこととか、
私の時代はまだ清川村があり宮ケ瀬ダムの工事はこれからでしたが
子どもたちの時代には出来上がった宮ケ瀬ダムに社会見学に行ったりするんですよ。
(ローカルネタでごめんなさい)


なので、神奈川県に戻って(2015年3月まで住んでいた)
ここで転勤族を本当に終わらせよう、って思いました。


ただ、いつ引っ越すのか?は議論が分かれて
検討に検討を重ねた結果、年度末になりました。

経済的にはすっごいお金かかる引っ越しになりますけど
今まで会社都合引っ越しのたびに立て替えていた100万円を、全部使っていい覚悟であれば、少なくとも引っ越しのお金の心配はありません。
その代わり、もう当分引っ越しできませんけど。


会社を退職するのも、3月まで引き延ばしてもらえたので有難くそれを受けて
今年の3月は早い順に
旦那の退職
次男の幼稚園卒園
長男の小学校卒業
そして引っ越し
怒涛に忙しい春になりました。




あれから3ヶ月。

諸般の事情により、今は無職なので、経済的には非常に大変です。

特に、サラリーマン時代に天引きで引かれていたもの=今は自払いしないといけないものが月に6万円以上もあり
失業手当だけでは月10万円足りない計算になります。
あの退職金がなければとても無理でした。


引っ越し直後から、私が働く生活を普通にしてくれば良かったと思いましたが
でも常にそれは考えていただけど、今の家庭内のことを考えると無理かも・・・って思って
今まで来てしまいました。
慌てて失敗はしたくないので、慎重に考えつつも、いろいろと悩んでいるところですが


最近、1つのお知らせがありました。


旦那が3月まで働いていた会社(A社とする)が、とある会社でたいして有名でもない会社(B社)に買収されました。
まぁ正確には子会社化したわけですが
これにより、B社のやり方次第で、A社はすっごく良い方向に行く可能性もありますが、ものすごい悪い方向に行く可能性も出てきました。
まさにハイリスク、ハイリターンですね。


子どもが赤ちゃんとかで、まだまだ子育てにお金がかかる時期がだいぶ先ですよ
って歳ならともかく
一番上が中学生で、教育費の山場は目前に迫っているなかで
こんなギャンブルみたいなことはしたくない!
って思いました。


なので、あの時点で、ああいう会社の辞め方をして、本当に正解だったと思ったので
今この記事を書いています。



結局、転勤族を続けるかどうかは

・家族の性格次第

・会社の規定や業績次第

・そして自分が何がイヤで、何なら受け入れられるのか?

だと思います。

我が家の場合、これらすべてにあてはまる条件でした。


個人的に、「業績不振で希望退職者募集」が来たら、
その会社は近い将来ハイリスクハイリターンになることが予想されるので
転職する場合をシュミレーションしてみるのがいいかなと思いました。



長々と読んでいただきありがとうございます。


励みになります。よければクリックお願いします。
 




posted by レッサーポンタ at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
我が家は「アート引っ越しセンター」推しです♪
e0d9217254c8.gif

見積りはコチラから

カテゴリ
検索
 
タグクラウド
よく読まれている記事


    「転勤妻→転職妻の知恵袋」をお読みいただきありがとうございます。
    当サイトへのお問合せ・ご質問・ご要望・ご相談などありましたら、記事下のコメントまたは、こちらのメールフォームからお送りください。