スポンサーリンク 児童手当の現況などに必要な所得証明書の請求方法

転勤妻→転職妻の知恵袋

いざ転勤!
あれはどうしよう?これはどうしよう?とバタバタになってしまう転勤族の妻。
15年で8回引っ越ししながら3人の子育てをしている経験から
転勤・転校・引っ越しに役立つ情報を紹介しています。
2016年3月。転勤族に終止符を打ち、転職します。


2016年06月18日

児童手当の現況などに必要な所得証明書の請求方法

スポンサーリンク



児童手当など、公的な援助や補助金って
その人の所得や、住民税の金額をモトに見ていることが多いです。

児童手当は、これを書いている2016年6月現在は→児童手当(内閣府)

扶養親族と所得制限の関係は
0人 622万円
1人 660万円
2人 698万円
3人 736万円
4人 774万円
5人 812万円以下の場合、児童手当がもらえる ということになっています。


所得というのは、給料などの総収入から、各種控除を引いたあとの金額ですので、年収とは異なります。

我が家のように、専業主婦妻1人、子3人の家庭だと扶養親族は4人なので、年収の目安は1002万円だそうで
そんなにもらえたら夢みたいですね・・・


ただし!

じゃあ、今、なんで児童手当の現況届を出せ!ってきたのかというと

昨年(平成27年1月1日から12月31日)の所得は、年末調整や確定申告を通じて
所得がいくらですよ、って確定するのが6月だからなのです。
ちなみに平成28年1月1日現在の住所の市区町村が、その人の所得のデータを持っています。

それに伴って
例えばサラリーマン家庭で、引っ越しもなく去年も今年も同じ市に住み続けている場合は
前と同じで〜す 的な書類を出すだけで済みますが

今年の1月2日以降に違う市に引っ越している場合は
前の市に課税証明書を取り寄せて提出する必要があります。



このやり方は・・・

私の出身地である横浜市神奈川区の例で説明しよう。

区のウェブサイトhttp://www.city.yokohama.lg.jp/kanagawa/

暮らしの情報 「税金」

市税の証明

郵送による申請の方法

と進むと、郵送で課税証明書を取得する方法にたどりつけます。

申請書を市税証明申請書ダウンロードのページ(横浜市市税電子サービスのページ)から印刷するか、または、便せんや白紙などに必要事項を記載して、区役所各担当あてにお送りください。
と書いてあります。


申請者の住所・氏名・生年月日
必要とする証明の種類
証明する年度
必要部数
証明を使用する用途(児童手当と書けばよし)
昼間、連絡のできる電話番号
また、転居した場合は、旧住所も併せてご記入ください。また、転居したことが公的に確認できるもののコピーを添付してください。

手数料
郵便局で、手数料金額分の定額小為替を購入し、何も記入しないで同封してください。
(所得証明書の場合はたいてい300円。300円分の定額小為替を買う場合は購入手数料100円かかるので400円です)

返信用封筒
切手を貼り、返信先の住所を記載したものを同封してください。


・・・で、私、今回失敗してしまったのは
申請書、定額小為替、返信用封筒を入れて送ったら、市役所から電話がかかってきて
「身分証明書のコピーが入っていなかったので、お送りできません」
って言われて
後から免許証のコピーを急いで送りました。
切手代82円損したわー



そう言われてみると、普通に窓口で請求する場合も身分証は見せたような気が・・・

「これ送っても、パっと見ただけでシュレッダーなんじゃねーの?」って思ったんだけど
それでも所得証明書を送ってもらわないと困るので、仕方がない・・・

何が必要なのか、ウェブサイトを見てもよくわからない場合は
電話して確認したほうが確実でしょう。
電話代のが安いかな?(ケチ)
(うち、ひかり電話だから全国どこへでも3分8円だし)




・・・ちなみに

今、住んでいる市で 児童手当とは別の管轄の部署から
「昨年の所得証明が必要だー!」
って言われることがあるよね。

そん時ね
「児童手当で出してますけど、それ見れませんか?」って言ってみたら
それでOKだったことがあったのよ。
また手数料&送料かけて請求せずに済んだわ〜

ダメ元で言ってみるといいと思いました。





励みになります。よければクリックお願いします。
 



posted by レッサーポンタ at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転勤全般アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
我が家は「アート引っ越しセンター」推しです♪
e0d9217254c8.gif

見積りはコチラから

カテゴリ
検索
 
タグクラウド
よく読まれている記事


    「転勤妻→転職妻の知恵袋」をお読みいただきありがとうございます。
    当サイトへのお問合せ・ご質問・ご要望・ご相談などありましたら、記事下のコメントまたは、こちらのメールフォームからお送りください。