スポンサーリンク 転勤族はどこの銀行がいいのか?

転勤妻→転職妻の知恵袋

いざ転勤!
あれはどうしよう?これはどうしよう?とバタバタになってしまう転勤族の妻。
15年で8回引っ越ししながら3人の子育てをしている経験から
転勤・転校・引っ越しに役立つ情報を紹介しています。
2016年3月。転勤族に終止符を打ち、転職します。


2016年05月17日

転勤族はどこの銀行がいいのか?

スポンサーリンク




銀行・・・それは現代人にとって、切っては切れない存在でもあると思います。

給料振込みも銀行

電気ガス水道も銀行
もしくはクレジット払いであっても、そのクレジット代金も銀行引き落とし
幼稚園の保育料、学校の給食費・・・などなど。



でも、転勤族にとって、どこの銀行を選んだらいいのか、悩ましいですよね。

地元に支店がある銀行を選んでも、異動先にも同じものがあるとは限りませんし
ATM手数料108円毎月払うのもバカバカしいですよね。


206838.png


そこでオススメは

(1)ゆうちょ銀行は全国どこにでもある

ゆうちょの魅力は、なんといっても全国どこにでもあって、土日祝日もATMが開いている時間であれば時間外手数料がかからないところが魅力的ですね。
民営化してから、他行からの振込みもできるようになったので
(支店番号がついて、口座番号が7ケタになっていれば、普通の銀行として振り込めます)
使い勝手が広がったのではないでしょうか。

ただ、未だに、ゆうちょ銀行は振込み不可、なんてところもありますけど・・・



(2)ネット銀行

ネット銀行は、コンビニATMやゆうちょ銀行ATM、その他の銀行ATMで出し入れして
インターネット上で振り込んだり、定期預金を作ったりします。

銀行自体は基本的に店舗を持たないので、無料で出し入れできるATMが近くにあれば、とても使いやすいですね。

例えば住信SBIネット銀行の場合、出金は
イオン銀行
セブン銀行
ゆうちょ銀行
イーネット
ローソンATM  が、
ランク(お取引の内容や金額)に応じて合計で月2〜15回無料、それ以降は1回108円
となっています。

ただ、これも給料振込みに指定できない場合とか
一定回数以上は手数料有料だとか
小銭が出し入れできないとか
デメリットもありますよね。


(3)信用金庫

しんきんゼロネットサービスって知ってますか?

全国の信用金庫同士だったら
平日 8:45〜18:00の入出金
土曜 9:00〜14:00の出金
は、手数料無料で取引ができます。


この時間内であれば、他行ではなく、同行との付き合いと考えていいでしょう。

なので、実家のそばの信用金庫に作っておいて、そこを給料振込み指定にして
今、自分が住んでいるところの信用金庫で平日昼間に引き出す!
我が家もそんなことをしていたことがありますよ。
実家のそばなら、何かあった時、そこの信用金庫・そこの支店に行くことがあるでしょうしね。
不要になって解約する場合、遠い信用金庫だと行けないでしょうから・・・


ほかにも、いろいろな方法があるのですが
今日はこの辺で・・・



励みになります。よければクリックお願いします。
 





posted by レッサーポンタ at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転勤全般アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
我が家は「アート引っ越しセンター」推しです♪
e0d9217254c8.gif

見積りはコチラから

カテゴリ
検索
 
タグクラウド
よく読まれている記事


    「転勤妻→転職妻の知恵袋」をお読みいただきありがとうございます。
    当サイトへのお問合せ・ご質問・ご要望・ご相談などありましたら、記事下のコメントまたは、こちらのメールフォームからお送りください。