スポンサーリンク 引っ越しお役所手続き 小中学生編

転勤妻→転職妻の知恵袋

いざ転勤!
あれはどうしよう?これはどうしよう?とバタバタになってしまう転勤族の妻。
15年で8回引っ越ししながら3人の子育てをしている経験から
転勤・転校・引っ越しに役立つ情報を紹介しています。
2016年3月。転勤族に終止符を打ち、転職します。


2015年06月05日

引っ越しお役所手続き 小中学生編

スポンサーリンク



この手続き説明はザックリと
(読者の年齢層を予想して)

・ノーマルバージョン(子供がいない家庭)

・赤ちゃん〜乳幼児がいる家庭

・小学生、中学生以上がいる家庭

の3つに分けて説明をします。



では、今回は小中学生がいる家庭を解説しますね。


引っ越しお役所手続き 赤ちゃん〜乳幼児編も、ぜひお読みください。

学校以外で
幼児編と何が違うのかは、これもまた市区町村によって違うと思います。
特に違いがあるのは、医療費助成ですかね?
これがあるのか、ないのか?

児童手当は中3までもらえますし。
予防接種は、ほとんどものが終わっていると思いますが、まだ若干ある場合がありますので、小学生でもチェックがありました。
(といっても、赤ちゃん時代に終わってるようなものではなく、追加接種のものは済んでますか?
って確認程度でした)


では大きな違いは、やはり「学校の転校手続きがある」ことだと思います。

転校手順を取り扱うには、話が長くなりますので、
あくまでも、最低限やるべき転校に関する手続きのみを解説しますね。



A市(A学校)からB市(B学校)に引っ越しする場合


【A市役所でやること】
A市役所に転出届を出すと、その下に複写式になっているものが転出届になっているのでそのままを提出。
窓口で転出証明書と転学届を受け取る
(ほかに必要となる所得証明書などを取得しておいて下さい。詳しくは赤ちゃん〜幼児編を)


【A学校でやること】
今まで通っていた学校に転学届を提出する
学校から「在学証明書」「教科書給付証明書」(年度途中の場合は)の2通の証明書が発行される。
(年度途中、月途中の転出の場合は、給食費が返金される場合があります。
学校に印鑑を持って受け取りに行きました)



【この間に実際の引っ越し作業】




【B市役所でやること】
転入の手続きに必要なもの(もしかして、いらないものがあるかもしれませんが)
●転出証明書
●印鑑
●身分証明書
●在学証明書(A学校で発行)
●教科書給付証明書(年度途中の場合のみA学校で発行)

ここまでは全員

ここからは該当する方のみ

●所得証明書
●お金(住民票の請求に必要な額)
●児童手当の振込み口座通帳
●世帯主と子供の保険証
●母子手帳



★児童手当
旧市役所で取得した所得証明書を添えて申請書を書き、印鑑と、振り込まれる口座通帳が必要で、世帯主の保険証が必要かもしれません(サラリーマンの場合は)

★医療費助成
小中学生に制度があるかないかは、市区町村によって異なります。
制度がある場合は、所得証明書を添えて申請書を書き、子供の保険証が必要となるでしょう

★予防接種
チェックが必要になるかもしれませんので、母子手帳を持っていくとよいでしょう


★転校手続き
B市役所に住民登録異動届け(転入用)を書き、転出証明書と、在学証明書を提出すると
「就学通知書」という封筒が発行されます

【B学校でやること】
B学校の事務室に「就学通知書」を提出すると、転校手続きが完了です。



新入学のタイミングで引っ越した場合
転入届が複写式になっており、その何枚目かを教育委員会(市役所内の別の部署)に持っていけと言われて
持っていくと「受け取りました。明日ハガキで入学通知書を発送しますので」
と言われました。
その何日か後に、新1年生の子供を「以下の学校に入学させて下さい」という入学通知書が自宅に送られてきます。
これを入学式に持参するのが一般的だと思います。

ちなみに新入学時の手続きの場合、なるべく早く手続きしないと、入学式に名前がない!!(泣)って事態も起こってしまうかもしれません。
そういう場合は、手続き通りのみにやるのではなく、学校と直接やりとりしていくのがオススメです。
詳しくは、転校の手順の中で解説します。





posted by レッサーポンタ at 15:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 引っ越しお役所手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
我が家は「アート引っ越しセンター」推しです♪
e0d9217254c8.gif

見積りはコチラから

カテゴリ
検索
 
タグクラウド
よく読まれている記事


    「転勤妻→転職妻の知恵袋」をお読みいただきありがとうございます。
    当サイトへのお問合せ・ご質問・ご要望・ご相談などありましたら、記事下のコメントまたは、こちらのメールフォームからお送りください。