スポンサーリンク 引っ越しお役所手続き 赤ちゃん〜乳幼児編

転勤妻→転職妻の知恵袋

いざ転勤!
あれはどうしよう?これはどうしよう?とバタバタになってしまう転勤族の妻。
15年で8回引っ越ししながら3人の子育てをしている経験から
転勤・転校・引っ越しに役立つ情報を紹介しています。
2016年3月。転勤族に終止符を打ち、転職します。


2015年06月05日

引っ越しお役所手続き 赤ちゃん〜乳幼児編

スポンサーリンク



この手続き説明はザックリと
(読者の年齢層を予想して)

・ノーマルバージョン(子供がいない家庭)

・赤ちゃん〜乳幼児がいる家庭

・小学生、中学生以上がいる家庭

の3つに分けて説明をします。



では、今回は赤ちゃん〜乳幼児がいる家庭を解説しますね。

(転勤族の方は、市区町村が変わるお引越しがメインだと思うので、その場合についてです)


A県A市から、B県B市へ引っ越しをする場合。


【A市役所でやること】

引っ越し前に、A市役所に転出届を出すのはノーマルバージョンと同じですが、
この時、
所得証明書を必要な枚数、取得しておくのが必要です。

これは何に使うのかというと、
★児童手当
★乳幼児医療費助成
(主なものがこの2つ)
を利用する場合、所得制限があるものだと、証明書が必要だからです。



児童手当は、これを書いている現在(2015年6月)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/jidouteate/index.html

0歳〜3歳未満 15,000円
3歳以上 10,000円
第3子以降 15,000円

と、なっていますが、所得制限があります。
これは(たぶん)全国共通です。




一方、乳幼児医療費助成は、市区町村によって、まったく違います。(名前すら、それぞれ違います)
中学3年までタダというところもあれば、1歳から有料、とかホントにそれぞれです。
ですので個々に確認が必要です。
(引っ越し先を選べるなら、ぜひそういう福祉面も考えた上で選ぶことをオススメします)

とはいえ、若干の自己負担金があったとしても、何らかの、医療費の補助があるところが多いと思いますし、
それにも所得制限があるところが多いというのが、私の印象です。


旧役所と、新役所が遠い場合、
引っ越してしまってから所得証明をとるのは大変なので(郵送で、定額小為替を手数料付で買ってできますが、時間もお金もかかります)
引っ越し前に旧役所で所得証明書をとる!!
(何通必要かは要確認)
忘れないようにしてください。
所得証明書は何通必要?他市からのとり方は?



それ以外に、A市で使用していた、乳幼児医療費助成の医療券などを
返却せよ!って言われる場合と、処分しといてね、って言われる場合と、それぞれあるので、
これもついでに確認しておくと良いでしょう。
(転出届を出すのが引っ越し前日とかの場合は、その時に持って行って、返却するのか聞いてみるのがいいと思います。
転出届のが少し先になる場合、引っ越し前に急病、ケガの場合があるので、私はギリギリまで持っています)


【この間に実際の引っ越し作業】


【B市役所でやること】
転入の手続きに必要なもの(もしかして、いらないものがあるかもしれませんが)
●転出証明書
●印鑑
●身分証明書
○マイナンバー通知カード(2015年より新たに加わりました)

ここまでは全員

ここからは該当する方のみ

●所得証明書
●お金(住民票の請求に必要な額)
●児童手当の振込み口座通帳
●世帯主と子供の保険証
●母子手帳


転出証明書を添えて、転入届を出すのはノーマルバージョンと同じです。(印鑑と身分証明書がたぶん必要です)

それ以外にやることは
★児童手当
★乳幼児医療費助成
★予防接種券
の手続きが必要となると思います。


★児童手当
旧市役所で取得した所得証明書を添えて申請書を書き
印鑑と、振り込まれる口座通帳が必要です。
会社員の場合、厚生年金加入証明(会社発行)がいるかもしれないが、世帯主の保険証でも良いみたいです。
(公務員とか、職業が違う場合、必要なものが違うかもしれません。うちサラリーマンなんで、わかりません。)


★乳幼児医療費助成
市区町村によって制度が違いますが、
だいたい、旧市役所で取得した所得証明書を添えて申請書を書き、
子供の保険証を提示すると思います。



★予防接種券
「すでに受けた予防接種を教えて下さい」ということになるので、母子手帳を持って行って確認して
何年何月何日に、何の予防接種を受けました、といちいち書く場合と(これ子供多い世帯だと地獄のようにしんどい)

母子手帳を窓口に提示してしまえば、役所の人が代わりにチェックしてくれる場合と
市区町村によってさまざまですが、

要するに、予防接種券は全国共通ではなく、各市区町村によって違うものなので、
公費で受けられる予防接種のうち、まだ受けてないものの予防接種券を新たにもらわないとならないから必要なのです。
B市役所での手続きに母子手帳を持っていくと良いと思います。



ちなみに住民票取得にかかるお金とは、
今、この場で新しい住民票を取得しておいて、
数多くある住所変更の手続きのうち
免許証の住所変更を一番先にやるのがオススメだからです。

写真付き身分証明書の表に旧住所、裏に新住所が書かれたものになると
ほとんどのものがこれで住所変更できるので、
新役所に行くついでに住民票をとっておくのがオススメです。
(運転免許証をお持ちでない人には関係ない話ですが)





タグ:転居 役所 転勤
posted by レッサーポンタ at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 引っ越しお役所手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
我が家は「アート引っ越しセンター」推しです♪
e0d9217254c8.gif

見積りはコチラから

カテゴリ
検索
 
タグクラウド
よく読まれている記事


    「転勤妻→転職妻の知恵袋」をお読みいただきありがとうございます。
    当サイトへのお問合せ・ご質問・ご要望・ご相談などありましたら、記事下のコメントまたは、こちらのメールフォームからお送りください。